212.922.1000 地図

Workforce ITG (Individual Training Grant)

ワークフォース1キャリアセンター(WCC)には求職活動を支援するたくさんのサービスがあります。

また、以下の条件を満たせば、ニューヨークビジネスインスティチュートのトレーニングに適用できるIndividual Training Grant奨学金を受けることができる可能性があります。

  • 米国民か永住権保持者で18歳以上
  • 最新の履歴書を持っていること
  • 失業中か、就業中であっても年収63,928ドル未満
  • トレーニングの後すぐに働けること
  • 高校卒業か同等以上の学歴(いくつかの職業はさらに上の学歴が必要です)
A proud member of Workforce New York network

申請方法

お近くのワークフォース1キャリアセンターに連絡を取り、スキル試験を受け、申請書類を完成させ、キャリアアドバイザーの面接を受けて下さい。

もしあなたがITGを受ける資格があれば、受講したいと思うプログラムと学校を探すように求められます。学校を調査している時にニューヨークビジネスインスティチュートに連絡を取り、面会の予約をしてトレーニングコースについて担当者と話し合って決めて下さい。
ニューヨークビジネスインスティチュートへの入学が了承されたら、当校からキャリアアドバイザー宛てに入学承認とプログラムの詳細についての提案書を渡します。

すべての手続きに4-8週間かかります(キャリアアドバイザーから特に言及があった場合を除く)。

ITG FAQ(英語)

承認後

申請が承認されるとワークフォース1キャリアセンターのキャリアドバイザーからITGバウチャーを受け取りに来るように連絡があります。トレーニングコースに公式に受講登録するためにバウチャー受領後は速やかに当校に提出して下さい。

現時点では、ニューヨーク市におけるComputer Support Specialists、Computer Systems Analysts、Network and Computer Systems Administratorsの職業に対する奨学金の最高額は3,800ドルです。もしトレーニングコースの授業料が最高支給額を超える場合、差額について個人負担して頂きます。

以上の手続きはニューヨーク市の申請者用です。手続方法と奨学金最高額は郡によって異なります。キャリアアドバイザーに相談して下さい。

ニュージャージー住民

ニュージャージーに住んでいる方は、ニュージャージートレーニングシステムのウェブサイト(英語)から詳細情報を得ることができます。

599失業者トレーニング

失業保険給付金を受給中で、週12時間以上のクラスルームトレーニングで構成されるトレーニングコースかプログラムを受講している場合は、求職活動の免除を受けることができます。失業保険基金に余裕があれば、給付期間の延長も可能です。ただし、トレーニングは労働局の承認を受ける必要があります。

599トレーニングプログラムを申請するには最寄りの労働局に連絡して下さい。NYBIは、あなたが入学した後トレーニングに関する書類を提供することができます。599プログラムは授業料補助ではないことを理解しておいて下さい。

599パンフレット(英語) (PDF: 457KB)

599概要資料(英語) (DOC: 33KB)